読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元エンジニア・ちゃんみどの素人テックブログ

Web系無職がエンジニアに返り咲くための限りなく素人に近いテックブログ。 夢は旦那さんとslackで生活すること。

花嫁修業という名のslackbot作り。作り方を学ぶ編。

将来の旦那様と、結婚式の管理をRedmineでやるし、slackでコミュニケーションとりたい。

こんな妄想ばっかりしている元エンジニアです。

 

でもかなしきかな、今のわたしには作れるだけの知識もプログラミング力もない…

22、3のときにちょいちょいっとJava書いてたくらいじゃ何も覚えとらんのです。

なので、ひとつずつ紐解きながらがんばろうとおもいます。

準備

lab.aratana.jp

すごくわかりやすかったので、ARATANAのエンジニアブログを参考にしました。

HubotというGithubが作ってるフレームワークでさくっと作れるらしい。

おお!世の中には便利なものがあるんだな。

HUBOT

英語ぉ……

なんとなくわかるのがyeomanってやつを使うってことくらいだな…

基本的なWebで使う機能を作ってくれるジェネレーターらしいじゃねえか。

「今風のWebアプリのための土台/基盤を作ってくれるツール」といったところでしょうか。「scaffolding」はRuby on Railsの主要機能として有名になった言葉で、コマンドを打つだけで、Webアプリの主要な機能を生成してくれるというものです。(引用:http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1407/02/news040.html

なんとなくわかった!

Java書いてたときにフレームワークが画面と機能とDB周りのこと自動生成してくれたあのかんじな。

インストールすればすぐ使えそうだなってことまで伝わってきました!

開発環境

次にnode.jsを入れるっぽい…

node…js…ここで既によくわからない。聞いたことあるけど使ったことない!!!

ここでnode.jsのことを軽く調べましょう。

Node.jsイベント化された入出力を扱うUnix系プラットフォーム上のサーバーサイドJavaScript環境である(V8 JavaScriptエンジンで動作する)(https://ja.wikipedia.org/wiki/Node.js

なるほど。裏でいろんなことができるからbotが作れるわけか。

開発環境作るのも簡単そう。

 

やることが点在しすぎて…

ここまで調べてみて、ナウい話に全然ついていけないことが改めてわかりました。

bot作るとこまで、まだまだやることはあるのだけど、

その前に、もう少し深くいろんなことを調べることにします。

やることリスト

Gitのアカウント取る

node.jsをインストール

Yaemanのことをもっと知る

たぶんこれでいっぱいいっぱい。