元エンジニア・ちゃんみどの素人テックブログ

Web系無職がエンジニアに返り咲くための限りなく素人に近いテックブログ。 夢は旦那さんとslackで生活すること。

花嫁修業という名のslackbot作り。Herokuでデプロイ前編。

前回、Herokuを導入してGitにコミットするとこまでいきました。

chanmid0.hatenablog.jp

今日は、Herokuへデプロイして動かしてみたいな!

その前に。コマンドプロンプトだっせーから代替を探した

「お前のコマンドプロンプトだっせー!」

…ってかんじだったから代替を探したんだけど、

PowerShellっていうの、PC探したら入ってたから立ち上げた。

ネイビーのおしゃれさん。でもエラーが出るとおどろおどろしく教えてくれます。

Herokuにデプロイしよう!前準備

こちら参考にさせていただきました。

qiita.com

さっそくheroku create [hubotのappの名前]で、ッターン!!

そうするとエラー。「Name is already taken

もしかして、Herokuでユニークなのかな?そしたら絶対取れないだろー。

こうして自分のアカウントとかで作れば通りました。

URL見る限りHeroku全体でユニークでした

HerokuのDashboardに行くと、さっき作った名前で何かが出来ました。

クリックすると

こんなかんじ。ちゃんとAppが作れてるみたいです。

GitとHerokuの連携

GitとHerokuの準備が出来たので、2つを連携します。

連携させるためのアダプターをインストールします。

npm install hubot-slack –save

またバーっとインスールしたものを吐き出していって、

node_modulesの「@slack」フォルダを見るとこんなかんじでした。

で、ついにデプロイのとき!呪文はgit push heroku master

一発でそんなうまくいかないよね!!エラー見ていこう。

上のパスは、GitExtensionsってある。昔入れてたやつで今は使ってない。

あれ?じゃあGitが読みにいってる場所が違うのかな?

と思ってキャッシュを消すコマンド。git -rm -r –cached

これは不発。次に使ってない「.gitignore」ファイルを全部消す。

(何故かPC内に点在してた…)

そしたらちょっとエラーが変わる。

後半同じエラーか。うまくいかないから、先にslackの設定をいじることにする。

slackに連携するための設定

hubotをslackで使うよ!っていう設定をしました。

https://アカウント名.slack.com/apps」でこの画面へ。

hubotを検索して、出てきたものをクリック。

installします。

※「sackbot」になっちゃってたからあとで直しました。笑

ユーザー名を聞かれて一回自分のアカウント名入れたら、

「もうあるんだけど…」って言われた。よくみたらhubotのユーザー名だってよ。てへ!

ちょっとかわいくこんなかんじで設定。

ちなみに小文字しか使えないから注意です。

そうするとslackbotが話しかけてきた。

あんだって?翻訳してみた。

今すぐあなたのチームの誰もが新しいメンバーを招待することができます。 必要に応じて、管理者だけに制限することができます。

それいま言う必要あるの?!?!まあいいや。ありがとう。

それはさておき、ユーザーネームが通ったhubot連携のほうは、

トークンとか、他にもアイコン・名前とか設定できる設定画面になりました。

こんなかんじ。おっけ!

次やること

エラー無視して次のことやっててデプロイまで行けなかったな~

なんやかんやこの記事、半日かかって書いてます。笑

Herokuでデプロイしてみる

Gitと連携

Gitのアカウント取る

node.jsをインストール

Yaemanのことをもっと知る

hubot入れる