元エンジニア・ちゃんみどの素人テックブログ

Web系無職がエンジニアに返り咲くための限りなく素人に近いテックブログ。 夢は旦那さんとslackで生活すること。

花嫁修業という名のslackbot作り。Herokuでデプロイ後編。

前回、デプロイ途中でエラーになったからslackにhubotの設定をしました。

chanmid0.hatenablog.jp

今回はこの設定もろもろと、デプロイ行います。

slackからもらったTOKENをHerokuに設定

その前に、redisっていうメモリ上で動くDBが必要らしいから落とします。

https://redis.io/

heroku addons:create redistogo:nano

エラー…連日のエラーでブロークンハート気味です。

先にhubotのTOKENセットしようかな!と思ってやってみるも。

同じエラー!「Could’t find that app.」アプリが見つからんと。

そういえば、前にheroku createしたときに、間違えて一回このままコマンド打っちゃって、

テキトーなURLでApp作られちゃってた。

だから、そのURLを読みにいくと、今あるAppを見つけられてないんじゃないかなと。

heroku git:remote -a [App名]

お、セットされたっぽいな。もう一回redisのコマンド!

違うエラーだけど進みました!

今度は、クレジットカード登録してねって…え?

んーちょっと抵抗あるなーいったん諦めようかなー

じゃあTOKENの設定をもう一回。

成功!heroku apps:infoでAppの情報みてみましょう。

こんなかんじ。

デプロイしませう!

昨日失敗しちゃったけど、再度デプロイ挑戦。

git push heroku master

昨日と同じね。ぐぐったらいくつか困ってる人のブログが出てきました。

heroku auth:token と入力して、続けて表示された文字列をコピーします。 http://qiita.com/mobilebiz/items/f333772622ac28d58e95 自分のアカウントに紐づくAPI_KEYをパスワードに入力せろやということらしい。Windowsだけ特殊なので困る。http://bontyun.tumblr.com/post/119017992381/windows-herokuにpushする

コマンド入れると、Gitの認証が出て来るんだけど、

普通にGitのアカウント情報入れてもダメだった。

そこで、パスワードをherokuのTOKEN出して入れてあげると進んだ。

コングラッチェ!Warning出てるけど終わったみたい。

Herokuのアクティビティでも成功しているかどうか見れます。

ビルドできた!さっそくhubotに話しかけてみる。

ただの屍のようだ…

そもそもローカルで動いてないがな。

次やること

デプロイまでは出来たので、動くようにしたいと思います。