読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元エンジニア・ちゃんみどの素人テックブログ

Web系無職がエンジニアに返り咲くための限りなく素人に近いテックブログ。 夢は旦那さんとslackで生活すること。

ココナラでSNSアイコン作ってもらった話

 

今日はプログラミングから離れた話をさせてくれ。

SNSアイコン迷子だったちゃんみどを救ってくれたココナラ

ブログとかSNSとかやろうと思ったとき、

あ、SNSアイコンどうしよ…」ってまず考えません?

いろんなアカウント持ってるから、もうネタ切れなんですよ。

それに、自分らしいアイコンってなくって。自撮りを載せる勇気もないですし。

そこでふと思いついた。「そや、誰かに書いてもらおう」と…

リアルに頼める人はいないから、ネットで探そうと思って、

たどり着いたのはココナラでした。

クラウドワークスとはちょっと違う、出品ベースのサービス

ココナラって、出品ベースなのがおもしろい。

「こんなことやります!出来ます!」っていうことをカテゴライズして、

サービスにしてるから、依頼者から仕事を頼みたい人を探しに行ける

で、わたしは要望がピンポイントすぎたのでリクエストボードにいって依頼してきた。

[blogcard url=“https://coconala.com/requests”]

リクエストボードはその名の通り、

「こういうの作ってくれる人募集!」っていうのを書けるところ。

さっそく依頼してみたら、1時間もしないで一人のイラストレーターさんから提案が。

ちょっぱやで1000円で作ってくれました

提案をもらったイラストレーターさん、

提案時には、もう既にラフを書いてくれていて、

依頼前専用の窓口からさっそく見せてくれました。

このとき、依頼から1時間も経ってなかったと思います。

見た瞬間そっこー気に入って、早速色づけしてもらい、

依頼から3時間も経たず購入完了SNSのアイコンにセットしました!

軽い修正込で、料金は1000円でした。お手頃です!

データにお金を払う感覚、最初は不思議だけど価値あり。

なんとなく、ホントになんとなく、データにお金を払うって抵抗あったんです。

Amazonみたいに、モノが届くわけじゃないし、無料でなんでも使えちゃうし。

でも、自分の生活に密接してるものってネットの中・データの中のものの割合が、

ものっそいでかい。だったらそこに金掛けるの全然ありじゃん!

って思ったんです。

 

今回使ってみてよかったから、わたしもなんか出品してみよーと思って、

軽いノリでこれを出しました。

coconala.com

500円。購入すると3日間質問し放題にしました!

就活生とかに役立つかな~と思って。早速一人買ってくれたから嬉しい。

 

ココナラおもしろい!

他にも、SEOとかプログラミングとか教えてくれるカテゴリもあるみたい。

個人的には、SEOのこともっと知りたいから近いうち使ってみたいな~